ロボット手術の治療成績

ロボット支援下前立腺摘除術 (RARP) の治療成績

当院では,2012年6月から前立腺癌に対してロボット支援下前立腺摘除術 (RARP)の手術を開始しました。2014年11月現在200名を超える患者さんを治療してきました。以下にその治療成績をお知らせします。

患者さん背景

  中央値 (範囲)
年齢 68歳 (49-81)
PSA 6.7ng/ml (3.15-65)
Gleason score
3+3 103例  
3+4 53例  
4+3 22例  
8以上 22例  
リスク分類
低リスク 79例  
中リスク 76例  
高リスク 45例  

手術成績

  中央値 (範囲)
入院日数 12日 (9-63)
手術時間 274分 (171-470)
出血量 130cc (0-1700)
術後尿道カテーテル留置期間 7日 (5-24)
切除断端陽性率 23.5%  
神経温存
あり 86例  
なし 114例  

PSA非再発率

まだ長期間のフォローアップはなされていていませんが、術後1年のPSA非再発率は 低リスク群(緑):96.2% 中リスク群(青):87.7% 高リスク群(赤):94.9%と良好な結果でした。

セーフティーパッド達成率 (尿失禁改善率)

まだ長期間のフォローアップはなされていていませんが、術後1年のセーフティーパッド(ほとんど失禁がない状態)率は91.4%でした。

ロボット支援下腎部分切除術 (RAPN) の治療成績

当院では,2014年7月から小径腎癌に対してロボット支援下腎部分切除(RAPN)の手術を開始しました。2015年3月現在8名の患者さんを治療してきました。以下にその治療成績をお知らせします。

患者さん背景

  中央値 (範囲)
年齢 60歳 (49-71)
腫瘍サイズ 26mm (18-36)
R.E.N.A.L. Nephrometry スコア 6 (4-8)
臨床病期
T1a 5例  
T1b 0例  

手術成績

  中央値 (範囲)
入院日数 10日 (8-19)
手術時間 222分 (173-281)
出血量 87.5mL (30-375)
術後尿道カテーテル留置期間 4日 (4-7)
切除断端陽性率 0%  
合併症
あり 0例  
なし 8例  

ロボット支援下膀胱全摘除術 (RARC) の治療成績

当院では,2014年5月から膀胱癌に対してロボット支援下膀胱全摘除術(RARC)の手術を開始しました。2015年3月現在4名の患者さんを治療してきました。以下にその治療成績をお知らせします。

患者さん背景

  中央値 (範囲)
年齢 77歳 (73-81)
性別
男性 3例  
女性 1例  
臨床病期
cTis 2例  
cT2 1例  
cT3a 1例  

手術成績

  中央値 (範囲)
入院日数 23日 (15-25)
手術時間 496分 (433-666)
出血量 415mL (275-1040)
尿管ステント留置期間 13日 (5-25)
尿路変向術
体内 回腸導管 3例  
体外 回腸導管 1例  
  • 診療のご案内
  • 学生研修医の皆さまへ